LINEミュージック

LINEミュージックの音質はどうなの?他のサービスと比較してみた

更新日:






LINEミュージックを使用していると何だか他の音楽サービスの事も気になってきますよね。
それで今回は比較対象がいくつもある中、音質について深く掘り下げてみて他のサービスとの違いについて詳しく調べてみたいと思います。

あまり音質にはうるさくない方なのですが気になりましたので情報を集めてみました。

スポンサーリンク

アドセンス336

音質について

まず音質については「Kbps(キロ、ビーピーエス)」という単位が用いられますが、詳しく説明するとややこしいので簡単にいうと1秒辺りのデータ量を表す数値という解釈で問題ないかと思います。
よってこの数値が高くなるほどデータ量が大きくなりそれに比例して音質もよくなるというわけです。

以上の事を踏まえ、LINEミュージックの音質と他のサービスの音質を比較してみました。

初回利用時に30日間の無料チケットがプレゼントされます!
無料期間中に加入を決めるとさらに無料期間が延長され最大2か月間無料で音楽が聞き放題!

通常30日間で960円のところ、学生ならなんと480円で利用できる
主要サービスの中で唯一、学割が効くサービスとなっています。

1800万曲以上が配信されていて、歌詞表示機能も対応されています。

LINEミュージックの音質

  • 64Kbps
  • 192Kbps
  • 320Kbps

AppleMusicの音質

  • 256Kbps固定

AWAの音質

  • 64Kbps
  • 96Kbps
  • 128Kbps
  • 320Kbps ※Wi-Fi接続時のみ

比べて見るとLINEミュージックは64Kbps、192Kbps、320Kbpsと3種類ありAppleMusicは256Kbps固定と1種類のみAWAでは64Kbps、96Kbps、128Kbps、320Kbps(※Wi-Fi接続時のみ)と4種類という結果となりました。

この中だと最高音質が320KbpsあるLINEミュージックとAWAが音質の面では勝っていますね。
ですがAWAでは320Kbpsでの音質で音楽を聴くにはWi-Fi接続時のみ使用可能という制限がありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

アドセンス336

実際に聴き比べてみた

聞き比べて見る為にこちらのリンクに比較音源がありましたので、実際にどれだけ違うのか聞き比べてみました。

  • 64Kbps
    全体的に音が篭もっているような感じ、生配信サービスの音質に近い様な気がする。これで音楽鑑賞はストレスを感じるレベル。
  • 96Kbps
    まだ音が篭もっている感じは否めないが64Kbpsよりかはよくなっている事がわかる。
  • 128Kbps
    高音域の部分がだいぶクリアになり、音の篭もったような感じは解消されたがあともう少し欲しい。
  • 192Kbps
    個人的にはこれが一番しっくりきました。じっくり聴いて見ると高音域の部分がのびているような感じがし、とても心地よくベスト。
  • 320Kbps
    音のキレがよくかなり贅沢。中音域~高音域までしっかり音が生きており、できる事ならこの音質で音楽を楽しみたい

と以上の音質を聞き比べてみました。
音に関してはそんなにうるさい方ではないと思っていたのですが結構うるさい感じになってしまいました...

残念ながらAppleMusicの音質である256Kbpsは聞き比べることができなかったのですが単純に192Kbpsと320Kbpsの間くらいの音質という認識で問題ないと思います。

それと今回聞き比べてみた音源がmp3形式の音楽ファイルという事で実際の音楽配信サービスでの音質とは若干異なると思うのですが総じて言えることはKbpsの数値が高くなればなるほど中音域~高音域の音がクリアに聞こえ結果的に音質がよくなるということがわかりました。

ですが同時にデータ量の大きさも大きくなるので通信制限に掛かりたくないという方が最高音質で聴く場合はWiFi環境下でのご利用をオススメします。
個人的には192Kbpsが一番バランスよくベストな音質でした。

それでも音質が気になるという方は以下のアイテムを使用すると更に音質の改善が見込めるでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス336

イヤホン、ヘッドホンを使用する

あまりいないとは思うのですが、いくら音楽サービスの音質を良くしてもスマホやパソコンの内臓スピーカーでは音質に限界があり、やはりある程度の音質を追求するならイヤホン、ヘッドホンを用いて音楽鑑賞をするのがベストだと思います。

ですが低価格帯の物は値段相応である場合が多いので購入する際には3000円~10000円位の価格帯を目安に商品を選ぶと失敗は少ないと思います。

ですので音質にこだわりのある方は今からでも1つ持っておいても損はないでしょう。
ちなみに私はBeats Studio Wirelessのヘッドホンを愛用しています。

まとめ

今回は音楽サービス3社の音質について比較してみましたが、AppleMusicだけは若干劣るもののどのサービスも標準以上の音質は備えている事がわかりました。

それと今回検証したのがmp3形式の音楽ファイルであり、実際の音楽サービスの音質と多少ギャップがあるかもしれないのですが、
Kbps」つまりデータ量が大きくなるほど音質がよくなるという点は変わらないので参考になるかと思います。

ですが同時に音質がよくなるにつれデータ量も大きくなるのでそこはWiFiを利用するなどした方が良さそうです。

また音楽をより楽しむためにも先ほど触れましたイヤホン、ヘッドホンを用意しておくともっと音楽鑑賞が捗るはずです。
今ではワイヤレス式の商品も販売されているので周りの小物類にも凝ってみるのもいいかも知れませんね。

アドセンス336

アドセンス336

-LINEミュージック

Copyright© LINEミュージック解説.com , 2021 AllRights Reserved.