LINEミュージック

LINEミュージックの通信量は?通信制限にならないための設定とは?

更新日:






LINEミュージックを使用してからというもの「何だか以前にも増して通信制限が掛かるのが早くなった気がする」と感じる方も多いのではないでしょうか。

実はそれ、気のせいでも何でもなく実際にLINEミュージックが要因で必要以上の通信容量を使用している可能性が高いです。
よって、ここでは再生する際に掛かる通信量と通信制限に掛かりづらくするオススメの設定方法を紹介していきます。

初回利用時に30日間の無料チケットがプレゼントされます!
無料期間中に加入を決めるとさらに無料期間が延長され最大2か月間無料で音楽が聞き放題!

通常30日間で960円のところ、学生ならなんと480円で利用できる
主要サービスの中で唯一、学割が効くサービスとなっています。

1800万曲以上が配信されていて、歌詞表示機能も対応されています。

スポンサーリンク

アドセンス336

通信制限に掛かりづらくするオススメの設定方法

まず先に通信制限に掛かりづらくするオススメの設定方法を紹介していきます。
いくつかあるのですが、順を追って説明していきます。

音質設定を変える

LINEミュージックでは音質設定を変える事ができます。

音質には低(64kb)・中(192kb)・高(320kb)と3種類あるのですが、これは高くなるほど通信容量が大きくなります。

使い始めていじっていないという方はデフォルトの「中」である可能性が高く、これを最低音質の「低」にする事で通信容量を抑える事ができ、結果的に通信制限に掛かりづらくする事ができます。
以下で画像を使った音質設定の手順を説明していきます。

アプリを開き「マイミュージック」の項目から右上の歯車アイコンをタップします。

すると設定メニューが表示されるので、「プレイヤー設定」を選択。

「ストリーミング」の設定項目から「ストリーミング音質設定」を選択。

そうしましたら「低音質」にチェックをいれ設定が完了致します。

すこしややこしいなと感じた方はもっと簡易的に設定する方法もあるのでご紹介します。

先ほど説明した手順で「プレイヤー設定」まで進み「通信料節約モード」に選択しますとその名の通り、簡単に通信料の一番掛からない音質設定をしてくれます。

ですが同時に通信容量の影響を受けないオフライン再生も「低音質」になってしまうので気になる方は「カスタムモード」で音質設定をするといいでしょう。

低音質の音質ってどうなの?

また肝心な音質の程ですが、パソコンやスマートフォンの内部スピーカーではさほど違いは感じられませんでした。

ただしイヤホンやヘッドホンで聞き比べて見ると音質が低くなるにつれ若干、音が篭もっている様な感じがしました。
個人的にはあまり気にならないレベルでしたのであまり音質にこだわりがなく、通信量を節約したいという方は上記の設定をしてもあまり困ることはないでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス336

Wi-Fi使用時にのみ利用する

Wi-Fi使用時にのみ利用するとはいえ、うっかり使用してしまって通信容量を消費してしまう事もあるでしょう。

しかしこれも設定をすることにより、WiFi使用時以外に制限をかける事ができ、結果的に通信制限に掛かりづらくする事が可能です。

では、以下で説明していきます。

前述いたしました手順から「プレイヤー設定」まで進みます。

「ストリーミング」の項目から「モバイルデータ回線時にもストリーミング再生を許可」を左側にスライドし、オフにするとWiFi使用時以外にストリーミング再生を制限する事ができこちらも通信料の節約になります。

また、モバイル回線でも使用したくなりましたら右側にスライドしオンにする事で再生が可能になります。

こちらはWiFi環境以外では使用したくないけどうっかり使ってしまいそう...という方にオススメできる設定方法ですね。

次に通信量についての説明をしていきます。

スポンサーリンク

アドセンス336

LINEミュージックの通信量はどれくらいかかるの?

まずLINEミュージックの通信量はということですが以下のサイトに詳しく書いていましたので引用させて頂きました。

しっかり通信量計測アプリを使い実証しているみたいなので信憑性も高いと思います。

2分11秒の楽曲
  • 音質-低:1.9MB
  • 音質-中:3.7MB
  • 音質-高:6.2MB
4分39秒の楽曲
  • 音質-低:3.8MB
  • 音質-中:10.5MB
  • 音質-高:15.6MB
5分02秒の楽曲
  • 音質-低:3.9MB
  • 音質-中:10.5MB
  • 音質-高:15.7MB

引用:LINE MUSICのパケット通信量を各音質ごとに詳しく計測してみた。

以上の結果となっており低音質と高音質を比べてみると約4倍の差があることがわかりました。

仮に5分間の曲を100曲聴いたとすると1570MBとなり「GB」に直すと約1.5GBもの通信量を消費する事になります。

5分間の曲を100曲というと約8時間となりますので頻繁に使用するヘビーユーザーはあっという間に到達してしまうかと思いますのであまり消費してしまわないよう、上記で説明致しました「通信制限に掛かりづらくするオススメの設定方法」を試してみる事をオススメ致します。



まとめ

今回お伝えした通り5分間の曲を100曲聴くと約1.5GBもの通信量を消費してしまう事がわかりました。

ですが通信量を抑えたいとはいえ、私自身も使っていて思うのですがいつでもWiFi環境下にいる訳ではないのでどうしても使用したい場面が出てくるんですよね。
ですのでそういった場合は妥協してストリーミング再生で音楽を聴くかあらかじめキャッシュして置いた音楽を聴くようにしています。

なのであまり無理のない範囲で節度を守りたまには妥協する事もいいかと思います。
それでも通信量で悩まされたくない場合はポケットWi-Fiを契約することでいつでもWiFi環境下で使用する事ができますので必要な方は持っておくのもいいかも知れませんね。

アドセンス336

アドセンス336

-LINEミュージック

Copyright© LINEミュージック解説.com , 2021 AllRights Reserved.